エネループ単4形充電池のeneloop pro「BK-4HCD/4」を購入レビュー!

エネループ単4形充電池の大容量なハイエンドモデル
eneloop pro「BK-4HCD/4」を購入しました。

 

これまで、「スタンダードモデル」と「お手軽モデル」は、
使ってましたが、初めて「ハイエンドモデル」を使います。

 

では、eneloop pro「BK-4HCD/4」
購入レビューを行なっていきます。

 

 

eneloop pro「BK-4HCD/4」の購入レビュー

 

ハイエンドモデルは、外装もかっこいいですね。

 

 

単4形eneloop pro「BK-4HCD/4」は、4本入りです。

 

 

最初から、充電されており、
特に、何の問題もなく使う事ができました。

 

サイズが大きいとの話もありましたが、
大きさの違いは感じなかった。

 

しかし、大容量のハイエンドモデルなので、
電池持ちも良くなりましたね。

 

 

エネループ単4型の特殊な使い道

この単4型のeneloop pro「BK-4HCD/4」ですが、
私は特殊な用途で使っています。

 

パソコンで使う「無線マウス」に最適だと思います。

 

無線という事は、USBで電源供給されないので、
内蔵電池や乾電池などが必要となる。

 

 

その際、問題となるのが「電池による重量増」です。

 

電池を入れた途端、マウスが非常に重たくなります。

 

ですので、なるべく軽い電池を使いたいと思う方も多い。

 

 

そんな時に、単3型の電池を使用するマウスで、
単4型の電池をスペーサーを利用して使うのです。

 

 

これにより、マウスの「重量軽減」が可能となる。

 

 

エネループの種類による色分け

エネループには、グレードが3種類あります。

 

色分けされて、それぞれ電池容量や充電可能回数が異なる。

 

黒色のハイエンドモデルは、持続時間が一番長い反面、
充電可能回数は一番少ない。

 

 

 

エネループは、何ボルトなの?

エネループの電圧ですが、全て「1.2V」になっています。

 

これは、一般的な乾電池が「1.5V」ですから、
場合によっては、うまく動かない事があるようです。

 

しかし、私が使った感じでは、
動かなかったものはありませんでした。

 

 

エネループ単4型の急速充電器による充電時間

 

単4型のeneloop pro「BK-4HCD/4」だと、2本で約2時間かかります。

 

 

 

まとめ

エネループ単4形充電池のeneloop pro
「BK-4HCD/4」の購入レビューを行ないました。

 

気付いたら、家の電池の全てがエネループになっています(笑)

 

やはり、充電可能な電池は便利ですよ。

 

 

しばらく、エネループしか使わない気がしますが、
電池もなかなか面白いですね。

 

次は、エボルタも気になります。