A8-5545搭載マザーボード「A5545MX7」のスペック!

世にも珍しい、AMDのAPU搭載マザーボード
「A5545MX7」がSUPoXより発表されました。

 

SUPoXは、EPoXの展開するブランド名のようですね。

 

A5545MX7のスペック

AMDの省電力APU A8-5545を搭載するMicroATXマザーボード。

 

コンデンサには固体コンデンサを採用しているので
液漏れの心配がありません。

 

また、雷サージからコンポーネントを保護する「Q-ThorII」にも対応。

 

%e3%80%8ca5545mx7%e3%80%8d

 

項目 A5545MX7
CPU A8-5545 定格1.7GHz

(TurboCore時 2.7GHz)

メモリスロット DDR3 DIMM(1333MHz対応)×2
ストレージ SATA3.0(6Gbps)x4(RAID 0/1/10対応)
有線LAN Gigabit LAN (Realtek 8111H)
内蔵グラフィック Radeon HD 8510G
拡張スロット PCI-Express(x16)x1、PCIx2
映像出力 DVI-D/D-Sub
インターフェース USB 3.0×2,USB2.0x2,PS/2×2,
マイク/ヘッドフォン/ラインx1
本体サイズ 226×170mm
フォームファクタ Micro ATX

 

 

「A8-5545」は、Richlandで32nmの製造プロセスですから
かなり古いAPUを使っています。

 

メモリは、1,333MHzでシングルチャンネルまでの対応になります。

 

CPU名 A8-5545
周波数 定格1.7GHz(TurboCore時 2.7GHz)
コア数/スレッド数 4コア/4スレッド
L2キャッシュ 4MB
内蔵GPU Radeon HD 8510G

(GPUクロック:212~554MHz)

DirectX 11
対応メモリ DDR3-1333
製造プロセス 32nm
TDP 19W

 

シングル動作だと快適!

「A8-5545」は、TurboCore機能により、
シングルコア時は最大2.70GHzまで動作周波数が上がります。

 

その場合は、Athlon 5350のパフォーマンスを上回る。

 

しかし、マルチコア時は最大周波数が2.40GHz前後となり、
Athlon 5350と同じぐらいのパフォーマンスになります。

 

 

まとめ

私は、かなりのAMDファンなのですが(笑)
なかなか次のCPUが発売されず、ウズウズしています。

 

そんな時に、こんな面白そうなのを発表されたら
欲しくなっちゃいますよね?

 

AMDには、性能よりもロマンを感じるのです。

 

今回の「A5545MX7」は購入しませんが、
もし、ACアダプタ付属で省電力のマザーボードが発売されたら
性能が低くても手を出したくなります(笑)

 

パソコンは、組み立てる前のイジっている時が一番楽しい♪

 

とにかくAMDには、もっと魅力的な新製品(ZEN)を
早く発売してもらいたいです。