ノートパソコンでも使える、USB接続テレビチューナー「PX-W3U4」

プレクスから、Linuxにも対応してノートパソコンでも使える、
USB接続テレビチューナー「PX-W3U4」が発売になりました。

 

地デジ・BS・CSの3波に対応し、
4チャンネル同時視聴/録画が可能なパソコン用の
外付けTVチューナーです。

 

PX-W3U4

 

「PX-W3U4」の仕様

 

製品名 PX-W3U4
対応OS Windows10、8.1、8、7
(32bit/64bit)
最低動作環境 Intel Core2Duo 2.2GHz以上、メモリ2GB
推奨動作環境 Intel Core i3以上、メモリ4GB
チューナー 地上デジタル放送×2

BS/CSデジタル放送×2

インターフェイス USB2.0
推奨視聴・録画ソフト 付属しておりません
オートアッテネーション なし
電源 ACアダプタ
サイズ 134mm x 87mm x 21mm
付属品 リモコン、ACアダプタ、USBケーブル、試験用単4電池
保証期間 1年保証

 

「PX-W3U4」の特長

計4chを同時録画可能

同時録画・視聴に対応しており、地上デジタル放送x2ch、
BS/CS放送x2chの同時録画が可能になっています。

 

 

USB接続なので、ノートPCや小型PCでも使える

USB接続なので、PCI-Expressの拡張スロットがない
ノートPCや小型PCでも、録画PCの構築が可能になります。

 

 

ケーブルスッキリ配線

本来ならば、4本それぞれ接続しないといけない
アンテナ配線をアンテナ線の分配回路により、
4つの放送波を2本のアンテナ線で配線可能にしました。

 

これにより、配線はスッキリして
ケーブルの取り回しが楽になりました。

 

 

ICカードリーダー内蔵

「PX-W3U4」本体に、ICカードリーダーを内蔵してますので、
別途、ICカードリーダーを用意する必要がありません。

 

まとめ

USB接続テレビチューナー「PX-W3U4」は、
ドライバの提供のみで、視聴ソフトや録画ソフトは
自分で用意しないといけません。

 

ソフトに関しては、サポートもありませんので、
知識がないと、何もできずに終わる可能性もあります。

 

視聴と録画を使えるようにするのが、
PC初心者には、かなり難易度が高いと思います。

 

 

デスクトップパソコンで、拡張スロットに
PCI-Expressがあるなら、「MonsterTV PCIE3」の方が
簡単に使えると思います。

 

ただし「MonsterTV PCIE3」は、ノートPCや小型PCでは使えないので、
そこだけは注意が必要です。

 

 

パソコンを使った、テレビの視聴や録画環境を構築するのに
興味がある方には、「PX-W3U4」は魅力的な商品です。

 

しかし、上記の注意点を理解できない方は、
手を出さない方が無難だと思います。