「DME-4K50D」と「DME-4K65D」で倍速駆動の仕様にまさかの不具合

UPQは、120Hz駆動対応の4K液晶ディスプレイについて、
120Hzは誤記であり実際の仕様は60Hzだったと発表しました。

 

かなり衝撃的なニュースです。

 

倍速駆動でリフレッシュレートが
120Hzに対応していると言われていましたが、
実際には全く対応していなかった!

 

 

こんな事がありえるんでしょうか?

 

今回の対象ディスプレイを購入してしまったユーザーは、
かなりお怒りだと思います。

 

「120Hz駆動」を目当てで、製品を購入したのであれば、
完全な優良誤認にあたります。

 

対象ディスプレイ

「120Hz駆動に未対応」となるディスプレイは、
UPQ自身から販売されたものとODM提供したものがある。

 

UPQが販売元の製品

・Q-display 4K50

・Q-display 4K50X

・Q-display 4K65 Limited model 2016/17

 

DMM.comが販売元の製品(UPQのODM供給)

・DME-4K50D

・DME-4K65D

 

各メーカーの対応

UPQが販売元の製品の場合

2017年4月12日11時より2017年6月30日 23時59分まで

ご連絡を頂戴したお客様に2000円のキャッシュバック対応
※2000円分のAmazonギフト券(Eメールタイプ)

 

DMM.comが販売元の場合

2017年4月12日~7月11日まで
ディスプレイを返品の上で、返金対応

 

ユーザーは、「60Hz駆動」なのに気づかなかった?

購入者は倍速駆動じゃない事に気づかなかったわけですから、
人間の目はいい加減だという事ですね。

 

120Hz駆動と言われていたディスプレイが、
半分の60Hz駆動なのに、疑問にも思わなかったのだから。

 

ファームウェアでの改善は?

製品仕様に偽りがあったという事ですから、
ファームウェアのバージョンアップでは対応できないと思います。

 

根本的にハードウェアの問題です。

 

UPQという会社は大丈夫か?

UPQは以前にも、スマホで技適マークの記載ミスがあり、

全品回収された事があった。

 

それに続いて、今回の「120Hz誤表記」です。

 

もう少し、企業としてちゃんとしてもらいたい。

 

 

UPQ自らも、海外企業に偽の製品仕様のものを納品された
「被害者」として、この問題を終結させる雰囲気を感じる。

 

確かに、UPQも騙された「被害者」かもしれませんが、
最終的には、購入者に優良誤認をさせた事になったのだから、
2000円のキャッシュバック対応だけで済ますのもどうかと・・・

 

まとめ

一番の問題点は、海外企業が生産した製品の製品仕様を
UPQがノーチェックで出荷した事です。

 

DMM.comも、ノーチェックで販売した事になります。

 

 

あとは、UPQとDMM.comでは購入者への対応が
あまりにも違いすぎますよね?

 

UPQが販売元の製品を購入したユーザーは、
泣き寝入りするしかないのでしょうか?