アスペクト比21:9の液晶モニター「29UM65-P」のレビュー!

画面のアスペクト比が21:9の液晶モニター
「29UM65-P」のレビューをします。

 

購入してから、2年ぐらい経ちましたので、
良いも悪いもだいたい把握できました。

 

いろいろと思った事を書いていきますね。

 

 

29UM65-Pのレビュー

 

まずは、スペックから確認しましょう。

 

項目 29UM65-P
液晶サイズ 29インチ
最大表示解像度 2560×1080
輝度 300 cd/m2
コントラスト比 1,000 :1(標準)
ダイナミックコントラスト比 5,000,000:1
視野角 178°(水平)/178°(垂直)
応答速度 5ms(GTG)
表現色 1,677万色
パネル アンチグレアタイプ、AH-IPS
スピーカー 7Wx2
入力端子 HDMIx2/DisplayPortx1/DVI-Dx1
3.5mmステレオミニジャックx1
出力端子 3.5mmステレオミニジャックx1
消費電力 47W
チルト角度 上下20°~-5°
本体サイズ(スタンド込) 702.4mm(幅)x425.0mm(高さ)x181.0mm(奥行)
本体重量(スタンド込) 6.2Kg
付属品 ACアダプタ/電源コード
/HDMI ケーブル/取扱説明書
/保証書/ユーティリティーディスク
保証期間 3年(液晶パネル、パックライト含む)

 

 

長所

この2560×1080という超広大な表示領域は、
パソコンで作業する上で、とても快適に使う事ができます。

 

29um65-p%e5%ba%83%e5%a4%a7%e3%81%aa%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e9%a0%98%e5%9f%9f

 

今までは、ウインドウを開くといちいち閉じないと邪魔でしたが
開いたままでも、作業スペースに余裕があるので
そのまま作業ができます。

 

また、4Kなどの高解像度だと
60Hz表示するのに、グラフィックボードを用意したりする必要がありますが
2560×1080だと、HDMIなどでパソコン内蔵のグラフィックで60Hz表示できます。

 

それと、7W+7Wのスピーカーが内蔵されており、
わざわざスピーカーを購入する必要もありませんし、
画面下から音がでますから、変に音がこもったりしません。

 

 

弱点

映像作品やYouTubeを鑑賞すると、
一部のものを除き、左右に余白ができます。

 

当然ですが、家庭用ゲームでも左右に余白ができます。

 

左右を引き延ばす設定をすれば、余白をなくす事もできますが
映像が横に伸びて、オリジナルとはかけ離れた映像になってしまいます。

 

この余白が気になる方には、
お勧めできないディスプレイだと思います。

 

あとは、横に長いディスプレイなので
縦方向に短く感じてしまい、物足りなく思うかもしれません。

 

画面はノングレアで、視野角は広い

表面は、ノングレア加工が施され、
蛍光灯の光が画面で反射して眩しいという事もありません。

 

最大限に反射させても、この程度です。

29um65-p%e5%8f%8d%e5%b0%84%e5%85%b7%e5%90%88

 

正面からですが、見にくかったりチラついたりもありません。
29um65-p%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e9%ab%98%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6

 

左斜めからの写真ですが、視野角もかなり広いです。
29um65-p%e6%96%9c%e3%82%81%e9%ab%98%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6

 

29UM65-Pに最適なモニターアーム

付属のスタンドだと高さ調整ができません。

 

ですから、モニターアームなどを付けたいですが
設置が大変です。

 

ですから、モニターアームほど大げさなものではありませんが
モニタースタンドの購入を推奨します。

 

こちらのモニタースタンドなら、
「29UM65-P」でも、横置きならば問題ありませんでした。↓

 

まとめ

「29UM65-P」ですが、動画や映画やテレビゲームなどでメインに使うなら
少し考えたほうが良いかもしれません。

 

PCゲームをやるなら、21:9に対応しているものなら
その恩恵を受けますが、対応しているタイトルは多くないと思います。

 

 

しかし、動画編集などパソコンでの作業を快適に行ないたい方には、
間違いなくお勧めできるディスプレイです。