Athlon 5350とAM1Iの購入レビュー!ベンチマークあり

「Athlon 5350」と「AM1I」を購入したので
レビューをしたいと思います。

 

後半では、ベンチマークもありますのでお楽しみに!

 

PC構成

項目 パーツ構成
CPU Athlon 5350
マザーボード MSI AM1I
メモリ DDR3-1600 8GB×2
ストレージ ・PX-256M6V

・ST2000DL003

対応OS Windows 8.1 Pro 64bit
グラフィックカード
電源 IN WIN IP-P300HF7-2
PCケース IW-BP671/300B

 

 

IW-BP671/300Bの付属電源は、破棄して
IN WIN IP-P300HF7-2の80PLUS認証(Platinum)電源を
組み込みました。

 

 

Athlon 5350です。

 

CPU名 Athlon 5350
ソケット Socket AM1(FS1b)
周波数 2.05GHz
コア数/スレッド数 4コア/4スレッド
L2キャッシュ 2MB
内蔵GPU

Radeon R3 Graphics HD 8400

SP数:128基

ROP/TMU数:16

Bus:128bit

GPU Clock:1850MHz

Memory:800Hz

DirectX 11.1
対応メモリ DDR3-1600 シングルチャンネル
製造プロセス 28nm
TDP 25W

 

 

PCケースはこんな感じです。
athlon-5350-5-3

 

このPCケースにマザーボードなどを設置していきます。
athlon-5350-6

 

全てのパーツを設置しましたので、PCは完成しました。
athlon-5350-1

 

BIOSでオーバークロック

起動時にDelキーでBIOSに入り、Overclockingから

「Adjust CPU Ratio」で21倍を選択できますので
微妙にオーバークロックが可能です。

 

但し、オーバークロックすると
グラフィックの応答停止になったりします。

 

おとなしく、AUTO設定の倍率「20.5倍」で使う方が賢明です。

 

 

「kernel-power 41」エラーが頻発

高速スタートアップを無効にしないと
「kernel-power 41」エラーが頻発します。

 

「スタートボタン」右クリック⇒「電源オプション」
⇒「電源ボタンの動作を選択する」⇒「現在利用可能ではない設定を変更します」
⇒「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す

 

 

Athlon 5350のベンチマーク

Windows エクスペリエンス インデックス
wei-athlon5350

 

CrystalMark 2004R3
crystalmark-2004r3-athlon5350

 

 

CINEBENCH R15
cinebench-r15-athlon5350

 

FFXIV ベンチマーク キャラクター編
ffxiv-%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%80%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%b7%a8-athlon5350

 

ドラクエⅩ ベンチマーク
%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%a8%e2%85%a9%e3%80%80%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%80athlon5350

 

3DMARK
3dmark-athlon5350

 

Athlon 5350の消費電力

アイドル時は、最小15W

高負荷時は、最大45W

 

実際の操作感とまとめ

Athlon 5350を実際に使ってみるとわかりますが、
やはり、だいぶ動きがモッサリしています。

 

これは、CPUではなくGPUの問題とも言われているようです。

 

IntelのCore i3やPentiumあたりと比べても

明らかにレスポンスは悪い。

 

A8-7600あたりのほうを検討したほうが良いと思います。