Kabylakeの性能低下はマザーボードのBIOSが原因だった!

しばらく原因不明だった、Kabylakeの性能低下は
マザーボードのBIOSが原因だとわかりました。

 

これまではメモリ速度を「2400」にすると、
なぜか「2133」よりもパフォーマンスが低下してました。

 

何回ベンチマークをとっても同じ結果となってしまい、
お手上げ状態でしたが、ようやく解決です。

 

GA-B250M-D3H [Rev.1.0]に性能低下の原因があった

マザーボード GA-B250M-D3H [Rev.1.0]のBIOSを
「F3」から「F4」へアップデートする事で不具合が直りました。

 

これまで、BIOS「F3」で検証していましたが、
新しいBIOS「F4」がリリースされ、
導入後、ベンチマークにて不具合が解消されていました。

 

BIOS更新後のPentium G4620のベンチマーク

項目 構成
CPU Pentium G4620
マザーボード GA-B250M-D3H [Rev.1.0]
メモリ CMK16GX4M2A2666C16
DDR4-2666 8GB×2
ストレージ ・PX-256M6V

・ST2000DL003

搭載OS Windows 10 Pro 64bit
グラフィックカード
電源 IN WIN IP-P300HF7-2
PCケース VSK2000-U3

 

マザーボード GA-B250M-D3H [Rev.1.0]のBIOSをF4に更新後、
メモリ速度「2400」でベンチマークを測定しました。

 

 

Windows エクスペリエンス インデックス

Windows 10にソフトが対応してない為、
ゲーム用グラフィックスが0.0になっています。

 

CrystalMark 2004R3

 

CINEBENCH R15

 

FFXIV ベンチマーク キャラクター編

 

ドラクエⅩ ベンチマーク

 

3DMARK

 

メモリ速度「2400」と「2133」で、ベンチマーク比較

マザーボード GA-B250M-D3H [Rev.1.0]のBIOSをF4に更新後で、
メモリ速度「2400」「2133」でベンチマーク比較してみます。

 

ベンチマーク
ソフト名
Pentium G4620
メモリ速度:2400
Pentium G4620
メモリ速度:2133
Windows
エクスペリエンス
インデックス
CPU:7.7

メモリ:8.1

グラフィックス:6.9

ゲーム:0.0

ディスク:8.2

総合:6.9

CPU:7.7

メモリ:8.1

グラフィックス:6.6

ゲーム:0.0

ディスク:8.2

総合:6.6

CrystalMark 2004R3 Mark:274894

ALU:59327

FPU:60005

MEM:70954

HDD:40137

GDI:20010

D2D:6239

OGL:18222

Mark:270946

ALU:59025

FPU:59621

MEM:68264

HDD:39883

GDI:19835

D2D:6154

OGL18164

CINEBENCH R15 OpenGL:51.42fps

CPU:398cb

OpenGL:50.18fps

CPU:397cb

FFXIV
ベンチマーク
キャラクター編
6826 6544
ドラクエⅩ
ベンチマーク
10094 10144
3DMARK 1053 1037

 

まとめ

今回のマザーボード GA-B250M-D3H [Rev.1.0]のBIOS更新で、
メモリ速度2400だとパフォーマンスを発揮できない問題は
解決されたと思います。

 

おそらく、GIGABYTEもこの問題を把握していたのでしょうね。

 

 

とりあえず、これでマザーボード GA-B250M-D3H [Rev.1.0]では、
BIOSを「F4」にする事で、メモリ速度を落とさずに
普通に使えるようになりました。

 

 

不具合も解決したので、次は「Pentium G4620」と「Core i3 6100」の
ベンチマーク比較を行ないますので、お楽しみに!