Windows 10のライセンス認証!マザーボードを交換しても大丈夫か検証

Windows 10のライセンス情報が、Microsoftアカウントと紐付けされ、
PCパーツを交換し、ハードウェア構成を大幅に変更しても
再度ライセンス認証が通るようになったそうです。

 

そこで、実際にマザーボードを交換しても
Windows10のライセンス認証が通るのか検証してみました。

 

変更前後のPC構成

具体的には、SkylakeからKabylakeの構成に変更していきます。

 

CPUとマザーボード以外は、同じハードウェア構成にしました。

 

変更前の旧PC構成

項目 構成
CPU Core i3 6100
マザーボード MSI H110M ECO
メモリ CMK16GX4M2A2666C16
DDR4-2666 8GB×2
ストレージ ・PX-256M6V
・ST2000DL003
搭載OS Windows 10 Pro 64bit
グラフィックカード
電源 IN WIN IP-P300HF7-2
PCケース VSK2000-U3

 

 

変更後の新PC構成

項目 構成
CPU Pentium G4620
マザーボード GA-B250M-D3H [Rev.1.0]
メモリ CMK16GX4M2A2666C16
DDR4-2666 8GB×2
ストレージ ・PX-256M6V
・ST2000DL003
搭載OS Windows 10 Pro 64bit
グラフィックカード
電源 IN WIN IP-P300HF7-2
PCケース VSK2000-U3

 

Windows 10ライセンス再認証前の準備

事前に変更前の「旧PC環境」で、
プロダクトキーの入力が必要になるかもしれませんが
Windows 10のライセンス認証は行なっておく。

 

 

そして、変更前の「旧PC環境」で、
Windows 10ライセンスをMicrosoftアカウントと紐付けしておいて下さい。

 

【Microsoftアカウントの紐付け方法】

 

ローカルアカウントを使っている場合は、
「設定」-「アカウント」-「ユーザーの情報」から
「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックして進める。

 

Microsoftアカウントでログインしている場合は、この紐付け作業は不要です。

 

 

Windows 10ライセンス再認証の手順

ここからは、変更後の「新PC環境」での作業になります。

 

 

「スタートボタン」を左クリックして、「設定」をクリック

 

「更新とセキュリティ」をクリック

 

「ライセンス認証」をクリック

 

「トラブルシューティング」をクリック

 

「はい」をクリック

 

「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」をクリック

 

「現在使用中のデバイスは、これです」にチェックを入れる

 

「アクティブ化」をクリック

 

「Windowsを再度ライセンス認証しています…」と出て、認証が始まる。

 

ライセンス認証が終わったら、「閉じる」をクリック

 

ライセンス認証されたのを確認して、終了です。

 

まとめ

Microsoftアカウントと紐付けせずにローカルアカウントのままで、
マザーボードなどのPCパーツを交換した場合は、
ライセンス認証が通らないようです。

 

ここさえ注意しておけば、大幅な構成変更を行なう自作PCであっても
Windows 10のライセンスが失効したりしないはずです。

 

Microsoftアカウントと紐付けするのを忘れないようにしましょう。